出雲・米子・松江で素敵な住まいづくりを実現

  

ZEH(ゼッチ=ネットゼロエネルギーハウス)とは?

Net Zero Energy House「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、
2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す」とする政策目標が設定されました。
株式会社大倉ホームでは、以下のとおり各年度の実績及び目標を公表致します。


ZEHロゴマーク

ZEH普及実績及び目標

  2017年度 2018年度 2019年度 2020年
目標 10% 20% 30% 50%
実績 8%

ZEHとは?

ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(Net Zero Energy House)の略。
その定義は、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」とされています。つまり、簡単に言うと、断熱や省エネの性能を上げたり太陽光発電などでエネルギーを作ったりすることで、エネルギーの消費の収支をプラスマイナスゼロにする家のことです。

ZEHが注目されている背景

なぜ今、ZEHが注目されているのでしょうか。
それは、日本のエネルギー問題にかかわってきます。
地球温暖化により、温室効果ガスの削減が世界的な課題となっており、日本でも住まいの省エネルギー化は重要課題の一つとされています。
そこで、政府が主導となり、国を挙げてZEHの普及が進められてきているのです。
政府が定めた「エネルギー基本計画」によると、「住宅については、2020 年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHを実現することを目指す」という目標が設定されています。(引用:経済産業省資源エネルギー庁「エネルギー基本計画」)
つまり、これから新たに建てられる住宅はZEHが標準仕様になるように、政府が様々な施策に取り組んでいくということです。

ZEHは具体的にどんな住宅なの?

エネルギーの収支をプラスマイナスゼロにするだけなら、太陽光発電をたくさん設置することでも実現可能です。
しかし、国が考えるZEHには“省エネ”が必須です。
具体的には、壁や窓に断熱性の高いものを使用するなど、断熱の性能を高める必要があります。
また、エアコンや給湯器などのエネルギーをたくさん消費する住宅設備については、その消費量を少しでも下げ、エネルギー効率を向上させることが必要です。
その上で、太陽光発電などの創エネルギー設備を導入し、消費量以上のエネルギーを生み出せるようにします。
つまり、「断熱」「省エネ」「創エネ」の3点が揃うことで、ZEHが実現するのです。

ZEHのメリット

国が勧めるからということを抜きにしても、ZEHが注目を集めるのは、魅力的なメリットがあるからです。

1. ランニングコストを抑えられる

光熱費を抑えられることが第一のメリットです。安く抑えるだけでなく、ゼロにできる可能性もあります。
さらに、消費量より生産量の方が多ければ、売電により利益を得ることも可能です。
何十年も生活をしていく住宅で光熱費が抑えられるというのは、大きなメリットだと言えますよね。

2. 国からの補助金が出る

ZEHに対しては、国から補助金が出ることになっています。
住宅の購入は、高額な買い物です。ほとんどの人が住宅ローンを組むと思いますが、補助金でまとまったお金が入ることは大きなメリットではないでしょうか。
また、ZEHの必須条件ではありませんが、「蓄電池」を設置する場合には、それも補助金対象になるので、一緒に検討するケースもあるようです。

3. 健康に暮らせる・住み心地が良い

断熱がしっかりしている住宅は、住み心地が良いことも特長の一つ。建物全体が一定の温度で保たれるため、家の中のどこにいても快適です。
また、極端な温度差が原因で血圧に急激な変化が起き、最悪の場合死に至ることもある「ヒートショック」のリスクも低くなります。
快適で健康に暮らせることもZEHのメリットの一つではないでしょうか。

4. 将来安心・地球にやさしい

地球環境にやさしい生活をすることは、今の自分たちだけではなく、子どもや孫、さらに先の世代へ住みやすい環境を創ってあげることにつながります。
目に見えるものではないので、なかなかピンとこないかもしれませんが、未来につながることだと思うと、大切なことに感じられますよね。

地球環境にとっても住宅を購入する人にとってもたくさんのメリットがあるZEH。
資金に余裕のない場合もあると思いますが、この先何十年と長いスパンで見れば導入コストの回収ももちろんできるので、ぜひ検討したいものですね。

お住まい・家づくりに関することは何でもお気軽に大倉ホームまでお問い合わせください!