出雲・米子・松江で素敵な住まいづくりを実現

  

家づくりお役立ちコラム

換気はなぜ大切?新築で買いたいのは空気の流れが良い家!

家にいるときにはできるだけこまめに行いたい換気。でも、そもそもなぜ換気をするのでしょうか?
換気をしないとどうなるのか、換気にはどのような効果があるのかなどをご紹介します。

空気が悪いとどうなるの?知っておきたい人や家への影響

換気イメージ1

換気をしないと家の中の空気が悪く、こもった状態になります。そこにはどんなリスクがあるのでしょうか。

身体の不調を引き起こす

住宅に関する健康被害として知られているものに、「シックハウス症候群」というものがあります。
シックハウス症候群とは、住宅の建材などから出る化学物質が人の身体に影響を及ぼす現代病です。目のかゆみや頭痛、吐き気、喉の痛みなどの症状が現れます。
では、新築住宅を建てる際に人体に影響するような建材を使わなければよいのでは、と思う方もいるかもしれませんが、シックハウス症候群につながる原因は他のところにもあります。
それは、私たちが普段使っている家庭用品です。家の中にある家具や衣類、電化製品、洗剤や芳香剤など、様々なものには化学物質が含まれています。これらの化学物質の中には、呼気などを通して体内に蓄積されることでアレルギーを引き起こすなど、健康を害する危険性が潜んでいます。
家の中の空気が悪いと、このような有害物質の影響を受けやすくなってしまいます。

ホコリや湿気の影響で家が劣化

化学物質以外にも私たちの健康を脅かす危険なものとして、「ホコリ」と「湿気」があります。
普通に生活しているだけで、ホコリは必ず発生します。こまめに掃除をしていても、目に見えない細かいホコリは家中にたくさん飛んでいるといわれています。家の中の空気が悪いと、その飛んでいるホコリが少しずつ床や壁に溜まっていき、掃除機などではなかなか取り除くことができない汚れになっていきます。
また、空気の流れの悪さによって湿気がこもり、結露などが発生すると、このたまったホコリと水分が一緒になることでカビが発生しやすくなります。カビは勢いよく増殖するため、放っておくと空気中に大量のカビ胞子を撒き散らし、アレルギー、シックハウス症候群、皮膚炎などの健康被害を引き起こします。
さらに、こもった湿気は住宅を支える柱などの木材を腐らせる木材腐朽菌の繁殖を促進させます。木材の劣化は床下や壁紙の下など、普段の生活では見えないところで静かに進行していき、私たちが知らないうちにどんどん家の強度を弱らせていきます。そのような状態で地震などの災害が突然起こったら…と思うと、とても恐ろしいですね。

 

換気はなぜ大切?換気が生み出す様々な効果とは

換気イメージ2

では、普通に生活しているだけでも日々発生する有害物質や、ホコリ、湿気などから人や家を守るにはどうしたらよいのでしょうか。
ここで大切になってくるのが、換気です。

換気の効果① 有害なものを外に出す

換気には、目に見えないような細かいホコリや化学物質などを家の外に排出する効果があります。有害なものを家の中に閉じ込めておくのではなく、意図的に外に逃がすようにしましょう。
また、生活の中で発生する臭いの対策にもなります。キッチンやトイレなど、臭いが発生しやすくこもりやすい場所は、特にこまめに換気をしたいものです。

換気の効果② 除湿

換気をすることで湿度が下がり、湿気や結露の発生を軽減させる効果もあります。カビの発生や木材の傷みを抑え、住宅の劣化防止につながります。お風呂場や脱衣場などの湿度が高い場所は特に意識的に換気をすることが大切です。

換気の効果③ 空気の循環を良くする

要らないものを外に出し、新鮮な空気を取り入れる。この循環が家の中の汚れた空気を外のきれいな空気に交換します。また、適度な空気の流れがあることは、心地よさの体感にもつながります。空気の循環によって部屋の温度や湿度が均一になり、より快適な環境に感じることができます。

 

新築で買いたいのは空気の流れが良い家!そのポイントとは

換気イメージ3

換気にこれだけたくさんの優れた効果があるのであれば、住宅を買うなら換気がきちんと行える「空気の流れが良い家」が良いですよね。では、空気の流れが良い家とはどんな家なのでしょうか?

最近では、優れた性能を持つ住宅が年々増えてきており、特に、高気密・高断熱といった、家の中を一定の温度や湿度で保つことができる性能には注目が集まっています。
しかし、高気密・高断熱だけでは「空気の流れが良い家」を目指すには逆効果になってしまうことを知っておかなければいけません。「隙間が少なく、温度・湿度をキープできる」というのは、逆に言えば「空気が循環しにくい」ということにもなります。

ここでポイントになるのが換気の性能です。気密性・断熱性に優れている住宅だからこそ、計画的に外の空気を取り入れて家の中の空気を循環させる機能が必要になってきます。
それを表しているかのように、新築住宅での24時間換気が法律で義務づけられるなど、換気は今や住宅において必ず考えなければならないものになっています。

たとえば、高性能な健康住宅「ファースの家」では、換気や空気循環を快適化する「AIキット」という機械が取り入れられています。外から取り入れた新鮮な空気を熱交換を行いながら天井裏から床下に送り込み、新鮮な空気が室内を循環するという仕組みです。また、空気脱臭と洗浄機能をあわせ持つ「ファースシリカ」という調湿材も用いて、室内をよりきれいな空気で満たします。

新築住宅を買うなら優れた換気機能もきちんと備わった住宅。これで「空気の流れが良い家」が実現します。

 

換気や空気清浄に優れた住宅は多くなってきており、今後もますます増えていくと考えられます。
できるなら、毎日きれいな空気の中で生活したいですよね。意外と侮れない換気について、あらためて考えてみてはいかがでしょうか?

ファースの家バナー

お住まい・家づくりに関することは何でもお気軽に大倉ホームまでお問い合わせください!