出雲・米子・松江で素敵な住まいづくりを実現

  

家づくりお役立ちコラム

住宅と湿度の意外な関係!湿気がこもらない快適な家ってどんな家?

時期を問わず日本の住宅には湿気がつきもの。その湿気と住宅の関係は意外と深く、湿気がさまざまなものに影響することもあるのです。

快適な湿度ってどれくらい?高湿度が及ぼす影響とは

湿度イメージ1

室内の快適な湿度は、およそ40~60%といわれています。特に、夏は60%前後、冬は50%前後が理想的とされています。
湿度は温度と深く関係しており、湿度によって人間の体感温度が変わってきます。たとえば、夏は湿度が高いと湿気が持つ熱によって蒸し暑く不快に感じ、冬は湿度が低いと身体から水蒸気が蒸発し体温が奪われるため、寒さがつらく感じます。

また、湿度が高すぎる場合には、体感だけでなく実際に人の身体や住宅にも影響を及ぼします。
湿度が高いと、普段自然にしている体温調節が上手くできなくなり、身体に熱がこもったままの状態になってしまいます。そのため少しずつ体力を奪われ、だるさや疲れやすさを感じるようになります。また、このような免疫力の下がった状態でいることで風邪や病気につながる可能性もあります。
高湿度は住宅にも悪影響を与えます。湿度が高いと結露やカビが発生しやすくなり、それが原因で住宅の柱や床、天井などの構造体を劣化させてしまうことになってしまいます。建物自体が劣化すると、住宅としての性能や耐久性が落ちるため、年数の経過とともに快適な家・安全な家とは言い切れなくなってしまいます。

 

高湿度になってしまう原因

湿度イメージ2

では、家の中が高湿度になってしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

空気の循環が悪い

湿気が発生したら、それを家の外に逃がすことが重要になります。家の構造上空気の流れが悪く、日ごろから窓を開けるなどの換気をしないなどということがあると、家全体の空気の循環が上手くいかず、湿気が発生する原因になります。

天井や床下からの湿気

湿度の高い土壌や土地に家がある場合、天井や床下からの湿気も高湿度の原因になると考えられます。その場合、天井材や床材がどのようなものかによって室内への影響も変わってきます。湿気に強いものや気密・断熱の性能の高いものが使われていないと、湿気が発生しやすくなります。

湿気の多い場所がある

浴室や脱衣場などはどうしても湿度が高くなってしまう場所ですが、入浴した後に窓を開けたり換気扇を回したりしない、浴槽のお湯をしばらくそのままにしているなどといったことが日常的に行われていると、さらに高湿度になってしまいます。
一部の場所でも家の中全体の湿度に影響してくるため、もともと湿度の高い場所にはとくに注意が必要です。

 

湿気に強い家とは?

湿度イメージ3

気をつけていないと高湿度になりやすい家の中。では、どんな家なら湿気から人や住まいを守ってくれるのでしょうか。

気密・断熱の性能が高い家

冬の寒い日に窓ガラスが曇ったり、浴室の天井や壁に水滴がついたりするのを見たことはありませんか?この結露は、実はこのとき目に見えない壁や床などの内部でも同じように発生しているといわれています。住宅の土台となる部分でこのようなことが起こると、住宅自体の劣化の原因になりかねません。
ここで、結露発生の原因となる“温度差”を抑えることがポイントになります。たとえば暖かい部屋と寒い部屋があれば、結露は寒い部屋で発生しやすくなります。それが、住宅の断熱や気密の性能が高ければ、家の中を一定の湿度や温度で保つことができるため、結露発生を防止することに大きな効果があります。

湿気対策ができている家

最近では湿度の調整ができる高性能住宅も当たり前になりつつあります。
たとえば、健康住宅ともよばれる「ファースの家」では、「ファースシリカ」という自然素材のシリカゲルを改良した専用の調湿剤が床下に使われます。この調湿剤は、家の中の湿度が高くなると、結露などの湿気はもちろん家の中で発生する水分(人の汗や料理の湯気など)も吸着します。また、吸着した水分は貯蔵しておき、室内が乾燥するときには必要に応じてこの水分を排出するという特性も持っています。
単なる除湿だけではなく快適な湿度を保つこともできるため、住む人の健康にとってもうれしい効果があります。

しっかりとした換気機能がある家

住宅の換気については、現在、建築基準法において「新築住宅には換気設備を必ず設置しなければならない」と定められているほど、住宅の機能として重要となるポイントです。
天井裏の空気を床下に送り込む空気循環システムなど、高性能な換気・空気循環の設備は多くの住宅で取り入れられています。適切な湿度の空気が家の中を巡回するような仕組みがあれば、建物にとっても住む人にとっても快適です。

 

新しく住宅を建てる際には、湿気対策は今や必須ともいわれています。もちろん、すでに建っている住宅も空気の循環や換気などには気を配る必要があります。その家に住む人にとって一番快適といえる湿気対策を考えてみましょう。

ファースの家バナー

お住まい・家づくりに関することは何でもお気軽に大倉ホームまでお問い合わせください!