出雲・米子・松江で素敵な住まいづくりを実現

  

家づくりお役立ちコラム

家族の健康を守るマイホーム。子育てにも安心な住宅とは?

家族が毎日過ごす家。そこには、実は意外な健康リスクが潜んでいることがあります。
家族の健康を守ることができ、子育てをするのにも安心できる家とは、どんな家なのでしょうか。

住宅の中に潜む健康リスクとは

家の中に潜む健康のリスク

危険な家の中の暑さと寒さ

夏の暑い時期、熱中症は野外での活動中に発症するイメージがありますが、意外にも家の中での発症ケースが多いことはご存知でしょうか。
「外に出なければ大丈夫」「インドアだから熱中症とは無縁」という思い込みは危険です。真夏の猛暑日には、室内でも温度は非常に高くなります。また、湿度も高い場合はさらに気をつけなければいけません。

一方、冬の寒い時期については、多くの国では「冬は家の中を暖かくする」ということが常識とされています。住宅の室温と健康の関係についての研究が進んでいたり、賃貸物件の室内温度の最低ラインが定められていたりと、寒い家は危険だという認識が一般的に持たれています。
しかし日本では、昔ながらの家の作りや、居間や寝室などの人がいる場所だけ暖めるという考え方などから、他国と比べても「寒い家」が多いといわれています。

命に関わる場合もあるヒートショック

急激な温度の変化が原因で血圧に変動が起こる「ヒートショック」というものがあります。心筋梗塞や脳卒中の要因になることがあり、最悪の場合死に至ることもある非常に危険な現象です。この現象には、家の中の寒さが大きく関係しています。

ヒートショックは特に高齢者の事例が取り上げられることが多く、浴室や脱衣場で起こるケースが多いようです。冬の寒い時期に、暖房で暖まった部屋から冷えた脱衣場に移動したり、今度は熱いお風呂に浸かったり…といったような大きな温度の変化によって体が異常をきたします。家庭内での死亡事故の中でも特に多い入浴中の事故には、このヒートショックが関連しているものも含まれるといわれています。

 

家族の健康を守るためのポイントは住宅の性能

住宅の性能

熱中症やヒートショックのリスクを減らすためには、家の中の温度変化をできるだけ少なくすることや冷暖房の効率を上げることが重要になってきます。
そこでポイントになるのが、「気密」や「断熱」などといった住宅の性能です。
気密や断熱の性能が低い家は、部屋が区切られた作りが多いこともあり、部屋ごとに必要に応じて冷暖房器具を使用します。そのため、部屋によって暑いまま・寒いままの場所が生まれてしまいます。
しかし、気密・断熱の性能の高い家では、冷暖房のエネルギー効率が良く、各部屋を区切らない作りによって涼しい空気や暖かい空気が家の中にまんべんなくいきわたります。
では、この家の中の環境は家族の健康にどう関係してくるのでしょうか?

 

子育てにも最適な高性能住宅のメリット

子どもも安心して暮らせる住宅

性能の優れた住宅には、家族の健康に関する様々なメリットがあります。特に、自分で体調管理をするのが難しい赤ちゃんや正しい生活リズムを習慣づけたい子どもにとっては、よりうれしいポイントもあります。

免疫力の低下を防止

人間の体は、体温が下がるとともに免疫力も低下するといわれています。いくら部屋を暖房で暖めても、廊下や浴室などの別の場所が寒いと、移動した際にすぐに体が冷えてしまいます。
気密性や断熱性に優れた家なら、家の中を快適な温度で保つことができるので、体温の低下による免疫力低下を防ぐことができます。風邪をひきやすい子どもや高齢者にとっては特に大きなメリットといえそうです。

アレルギーの改善につながる

暑いときや寒いときには、冷暖房を直接浴びたり至近距離で使ったりしたくなりますよね。家の中全体で快適な温度が保たれていれば、このようなことをする必要もなくなります。特にアレルギーを持つ人にとっては、必要以上の体への刺激は与えずに自然な温度調整をする手助けになります。
また、近畿大学における調査において、気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎など15の症状が、高気密・高断熱住宅への引っ越しによって多く改善されたという結果が発表されています。調査では、冬に家の中が暖かくなることで身につける衣類の量が減り、皮膚が衣類から受けるストレスが小さくなったことが要因の一つではないかと考えられているようです。

生活習慣の改善

冬の寒い時期は、朝布団から出るのがおっくうになる人が多いのではないでしょうか。せっかく夜室内を暖めても、寝ている間に温かい空気が外に逃げ出し、朝には冷え切ってしまうということがあります。それが、高気密・高断熱の家なら暖かさが朝まで持続します。朝起きたときに部屋が暖かければ、起床後もすぐに布団から出ることができそうです。
夏の蒸し暑い夜も、高気密・高断熱の家なら日中の暑さが室内に入ってきにくくなり、冷房の冷気も持続するので夜も過ごしやすくなります。熱気がこもって寝苦しいということもなくなるため寝つきがよくなり、次の日の朝もすっきり目覚めることができます。
正しい生活リズムを習慣づけたい年齢の子どもも、これなら体に無理な負担を与えずに自然に早寝・早起きが身につきます。

一見直接関係ないように思える「家」と「健康」ですが、住宅の性能によって家族の健康上のリスクを軽減させることができます。また、子どもや高齢者にとっても良い影響が多い高気密・高断熱といった高性能住宅は、子育てや家族に優しい家ともいえるのではないでしょうか。
大切な家族を守るために、住宅と健康の関係にもあらためて目を向けてみませんか?

ファースの家バナー

お住まい・家づくりに関することは何でもお気軽に大倉ホームまでお問い合わせください!