出雲・米子・松江で素敵な住まいづくりを実現

  

家づくりお役立ちコラム

新築住宅では当たり前?夏は涼しく冬は暖かい高気密・高断熱って何?

チラシやテレビCMなどでよく見聞きする「高気密・高断熱住宅」。
高気密・高断熱住宅とは、文字通り「気密性」と「断熱性」が高い家のことです。
最近ではこのような住宅が一般的になってきていますが、そもそも気密や断熱とはどんなものなのでしょうか。

 

気密」と「断熱」って何?

気密とは、住宅の隙間をできる限り減らして、家の中の空気と外の空気を遮断することです。こうすることで、家の中は暑さ寒さなどの外気の影響を受けにくくなります。

また、断熱とは、家の中の熱を外に逃がさないこと。そのために、熱の伝わりづらい断熱性の高い素材を壁に使ったり外側から覆ったりします。

断熱性が高くても気密性が低いと、家の中で温めたり冷やしたりした空気が逃げていきます。逆に、気密性が高くても断熱性が低いと、快適な温度調整がしにくくなってしまいます。
このようなことから、高気密・高断熱はセットで考えられている場合が多くあります。

 

高気密・高断熱住宅にはたくさんのメリットが

優れた機能を持つ高気密・高断熱住宅には、多くのメリットがあります。

光熱費が抑えられる

外の気温の影響を受けにくいため、家の中の冷暖房の効率が非常に良くなります。そのため、冷暖房の使用を最小限にしながら、夏は涼しく冬は暖かく過ごせます。
気密・断熱の性能が低い家だと、夏は冷房の設定温度を下げないと暑くて不快、冬はエアコンやストーブなど複数の暖房器具を使っていても寒い、ということも。これが高気密・高断熱住宅なら、少ないエネルギーで家の中の温度を調節してキープすることができます。冷暖房の使用が最小限で済むため電気代を抑えられ、家計にも優しいのです。

遮音性が高い

高気密・高断熱住宅では、高い気密性が外の空気を遮断するように、音の浸入も防いでくれます。家周辺の人の声や車の騒音、雨音など、外から聞こえる音がシャットアウトされ、家の中で静かな時間を過ごすことができます。
また、音が入ってくるのを防ぐと同時に、家の中の音が外に漏れるのも防いでくれます。そのため、家の中での話し声やテレビの音などの生活音、家の外の気配を気にすることなく家族との会話も楽しめます。
家族のプライバシーが守られ、音が原因によるご近所とのトラブルの心配も軽減されます。

健康面でも安心

冬の寒い日に、「廊下が寒くて出たくない」「お風呂が寒くて凍えそう」などという経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。
実は、このような家の中の極端な温度差が原因で血圧に急激な変化が起きる現象「ヒートショック」というものがあり、最悪の場合死に至ることもあるのです。特に高齢者にとっては、急激な温度変化は心臓に負担をかける恐ろしいものです。
高気密・高断熱住宅では、建物全体を一定の温度で保てるため、部屋ごとの温度差が抑えられます。ヒートショックのリスクの軽減など、生活する家族の健康面でも安心です。

 

知っておきたい高気密・高断熱住宅のデメリットと解決策

メリットもあればその分デメリットもあるのでは?と思う方のために、高気密・高断熱住宅の弱点とセットで知っておくべき解決策をご紹介します。

湿気がこもりやすい

気密性が高い環境では、湿気がこもりやすいという弱点があります。高い気密性によって結露が生じ、それがカビやダニなどの発生の原因になることもあります。

これには、適度な換気を行うことが対策になります。高気密・高断熱と換気は切っても切れない関係といわれるほど、高気密・高断熱住宅では換気が特に大切になってきます。
建築基準法において「新築住宅には換気設備を必ず設置しなければならない」と定められており、高気密・高断熱住宅でももちろん換気のシステムは設備されています。しかし、それだけでなく、一定時間おきに窓を開けて風を通すなど、意識的に換気を行うことが一番の湿気対策になります。

夏は暑いのでは?

高気密・高断熱住宅には、「冬は暖かいけど夏は暑いのでは?」というイメージも。たしかに、気密性と断熱性の高い家は室内の熱気がこもりやすく、夏の暑い日にはエアコンが欠かせません。しかし、ただ暑いだけということではありません。高気密・高断熱住宅では、日射の遮蔽(しゃへい)対策が必須だとされているのです。

夏の太陽光が家の中に差し込むと、そこから生まれた熱の逃げ場がなくなり、家の中に暑い空気がこもりやすくなります。高気密・高断熱住宅で夏を快適に過ごすには、日射が入らないようにする工夫が必要です。

例えば、遮熱機能のあるカーテンや窓ガラス用フィルムは、自分で準備して取り付けができる手軽な方法です。また、ゴーヤやアサガオなどの植物で窓を覆うグリーンカーテンもおすすめ。日差しを遮るのはもちろん、さわやかな緑に気分的にも涼しくなります。最近は本物の葉っぱではなく、ビニル製のフェイクグリーンでできたものもあるようです。

 

高気密・高断熱のデメリットもカバーする「ファースの家」とは?

涼しさや暖かさなど、生活に最適な環境を意識した住宅に「ファースの家」があります。
高気密・高断熱の性能に様々な工夫がされている、家族が快適に暮らせる省エネ住宅です。

湿気や熱に強い工夫

ファースの家では、「AIキット」という機械を取り入れ、換気や空気循環を快適化しています。高効率の熱交換式換気扇を使って、湿気の侵入を少なくし排出の効率を高めるのはもちろん、換気による熱損失も少なくしています。また、床下には専用調湿剤「ファースシリカ」を使用し、家の中の湿度の調整を常に行っています。

また、家の中から逃げていく熱量のうち、1/3は窓から逃げていくといわれています。
ファースの家では、その窓の性能を国内トップクラスの水準まで向上させ、断熱や日射遮断などの性能も強化しています。

高気密・高断熱住宅には、ファースの家のようにデメリットをカバーする工夫も様々です。
心配な点も理解したうえで上手に過ごせば、高断熱・高気密住宅は非常にメリットが多く、まさに「夏は涼しく冬は暖かい」快適な住宅です。

ファースの家バナー

お住まい・家づくりに関することは何でもお気軽に大倉ホームまでお問い合わせください!