出雲・米子・松江で素敵な住まいづくりを実現

  

木村文則のブログ

家づくりと収納

こんにちは、木村です。連日花粉が飛んでいて花粉症の方にはつらい時期ですね。

私も花粉症なのでつらい毎日ですが、頑張って乗り越えます。

 

皆様は収納についてどのようにお考えですか。収納が少ないと困るという感覚をお持ちの方は多いのではないかと思います。

しかし、打合せなどで具体的に収納の話題になった時に、収納がとにかく沢山あれば良いという方は意外と少ないように感じています。

 

それは、物はあまり増やしたくないという気持ちと、すでに物がいっぱいあるしどこに収納したらいいのか分からないという2つの気持ちがあり、建物が大きくなり建築コストも大きくなってしまうことや、現状で保有する物たちの必要性を考えずにとりあえず「収納」できる場所を確保することが必ずしも良いとは限らないことを理解されているのだと思います。

 

そこで、家づくりの際に収納する物を具体的に考えてみると、意外と必要な物が少ないことに気づくことがあります。それは、本当に必要な物かどうかの選別を、ある程度自分自身の頭の中でされているからだと思います。

 

しかし、本当に必要かどうか考えるきっかけが無くて、とりあえずいつか使うかもしれないからとっておこうという選択をされているのではないでしょうか。

ぜひ、家づくりの機会にいつか使うかもしれないという選択をやめて、本当に必要な物は何かを考えてみてはいかがでしょうか。

 

家づくりは自分自身の持っている物を考えるとても良いきっかけになります。

物との付き合い方を見直して、それぞれの暮らし方に合った収納を考えてみませんか。

 

 

施工例:パントリーをつくろうかと悩みながら打ち合わせをしていましたが、収納のイメージがうまく出来たのでパントリーが無くてもきれいに物が収まりました。

 

 

コンパクトなガラスの米びつでキッチンがすっきりして見えます。中にはラクダの計量カップがありインテリア性と実用性を両立しています。(鳥取砂丘をイメージしたわけではありません。^^)

お住まい・家づくりに関することは何でもお気軽に大倉ホームまでお問い合わせください!