出雲・米子・松江で素敵な住まいづくりを実現

  

木村文則のブログ

家づくりの工程(基礎と上棟)

基礎と上棟

 

皆様、こんにちは木村です。

今回はベタ基礎と上棟についてです。

ベタ基礎とは基礎の立ち上がり部分だけでなく、基礎の底の部分一面が鉄筋コンクリート造になっている基礎のことです。特徴としては、建物の重量を一体化して基礎で支えることです。建物の床下部分を全てコンクリートで覆うので、地面からの湿気も防ぐ効果もあります。住宅の基礎工事の一般的な工法となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

上棟

2月中旬に上棟も行われました。上棟は柱、梁が1日で組み上げられて、家の輪郭が表れていきます。大工職人さんの手でつくり上げていくこの工程は家づくりの醍醐味が詰っています。そうこうしているといつの間にか夕方になっていて、構造材が夕日に染められてとても良い雰囲気でした。

 

 

 

 

 

 

 

家づくりの過程では様々な工程があります。皆様もぜひ工程ごとに現場に来てください。何か新しい発見があるかもしてませんよ。ぜひ色々な工程ごとの変化を楽しんでいただければと思います。

 

 

 

 

 

 

お住まい・家づくりに関することは何でもお気軽に大倉ホームまでお問い合わせください!