出雲・米子・松江で素敵な住まいづくりを実現

  

周藤誠のブログ

お引越しについて(各種届け出編)

常務取締役の周藤です。

 

今回は、お引越しのアドバイスとして

各種届け出について

お話させていただきます。

 

公共機関への各種移転手続き

 

役所が開いている時間はたいてい

平日の8:00~17:00くらいです。

 

代理人に住民票を依頼するときには、

直筆の委任状が必要になります。

 

事前に確認しておき、

何度も足を運ばなくて済むように

しておきましょう。

 

引越し前の手続き

 

住民票の移動

 

引越しの2週間前から可能です。

現在住んでいる市町村の役所で

転出届を出して、

転出証明書をもらっておきましょう。

 

水道、ガス、電気

 

事前に水道局・電力会社・ガス会社に

連絡をしてください。

 

とくにガスは開栓の

立ち会いが必要があるので、

引越し当日に設定すると便利です。

 

電話、インターネット

 

NTTなら、116に電話して

工事の予約をします。

 

インターネットプロバイダにも、

移転の連絡をする必要があります。

 

郵便

 

郵便局で転居届を提出しておけば、

1年間は新住所に転送してくれます。

 

知人への通知が行き届かなくても

これで安心です。

 

金融機関への連絡

 

住民票など、新住所を確認できるものを用意して

銀行・クレジットカード・保険会社の

手続きを行ってください。

 

引越し後の手続き

 

転入届、健康保険、年金

 

引越し後2週間以内に、

引越し先の市町村の役所で

転入手続きを行う必要があります。

 

国民健康保険や国民年金の手続きも、

一緒に行うのがベストです。

 

厚生年金は、勤務先の総務部などに

報告してください。

 

運転免許証

 

引越し先の所轄警察署か、

運転免許センターで手続きを

してください。

 

新住所の住民票などの

証明書が必要になります。

 

ご確認ください。

 

自動車などの登録変更

 

所轄の運輸支局に連絡してください。

 

軽自動車は軽自動車検査協会、

原動機付自転車は、自治体により手続きが

異なります、

 

引越し先の市町村の役所へ

ご確認ください。

 

今住んでいる部屋の退去届

 

今住んでいる部屋が賃貸物件の場合、

解約の申し出は常識として1ヶ月前です。

 

ぐずぐずしていると

家賃を余分に払うことになります。

 

賢く引越すためには、

きちんとした計画をたて

引越し期間をなるべく短くして

無駄な家賃の支払いなどを

できるだけ抑えましょう。

 

友人・知人への転居のお知らせ

 

引越しは何かとバタバタして、

転居のお知らせにまで

気がまわらないものですね。

 

チェックリストなどを

うまく活用して、

モレがないようにしましょう。

 

会社の上司や親戚、

お世話になっている方へは、

ハガキでご挨拶状を出すのがマナーです。

 

親しい友人などへは、メールやSNSでの

一括送信が手軽で便利です。

 

転居のお知らせは、

普段疎遠になっている友人・知人への

連絡のよいきっかけになります。

 

これを機会に

気持ちのこもったメッセージを添えて

ハガキや手紙を出すのをオススメします。

お住まい・家づくりに関することは何でもお気軽に大倉ホームまでお問い合わせください!